グローバル・包丁

グローバルの包丁

IMG_0879

 

グローバルの包丁を知ったのは、
料理家の有元葉子の本に載っていたのがきっかけです。

その頃は、どこにも売っていなくて
製造元に電話をして送ってもらいました。

 

デザイン性もあり、プロが使っているということで
どうしても手に入れたくて探した記憶があります。

今では出刃包丁以外 すべてグローバル製です。

惚れ込んだキッチン用品は、
愛着もあり、毎日大切に使いますから・・・。

出番が多いのが、上から2番手・3番手です。
この2本は万能で 肉・野菜・魚をおろすこともこなせます。

切れ味が悪くなると砥石で研ぐため
長年使っていると刃が短くなってしまいました。

 

■ グローバル・製造元

・吉田金属工業株式会社(YOSHIKIN)
・1983年に全てステンレス製の一体構造包丁「GLOBAL」を製造発売
・日本製にも関わらず 海外での評価が高くヨーロッパから火がつく
・グローバルの包丁1本1本が手作り、そのため売り切れることもしばしば
・グローバル・プロと家庭用の2シリーズあり

 

■ グローバル製包丁を使ってみての感想(上から)

////IMG_0882

 

グローバル・プロ ペティナイフ(刃渡り11センチ)
・・果物包丁として使用
・・芋の皮むきや栗の渋皮むきなどに重宝

・グローバル・プロ ペティナイフ(刃渡り16センチ)
・・お刺身を切り分けるの便利かと思い購入
・・テーブルで料理を切り分ける時などに便利です。

・グローバル・プロ 牛刀(刃渡り24センチ)
・・我が家で一番大きい包丁です。1本は持っていたいサイズ
・・鮭を三枚に下ろすのも 骨を切るのも大丈夫
・・肉のブロックの切り分けにも便利です

・グローバル・プロ スライサー(刃渡り21センチ)
・・一番下のスライサーと同等使いです
・・野菜・肉・魚など普段使いです。鯵などの三枚下ろしにも敵してます

・グローバル・プロ スライサー 現在発売中止

 

■ グローバル・プロの特徴
・一番は、切れ味です。
・本体が一体なので洗うのも楽で清潔
・デザイン性
・メンテナンスがしっかりしている(初めの研ぎは無料でした)

・・★グローバル・プロの種類

タグ

2011年4月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:包丁

このページの先頭へ