キッチンスライサー・各種

スライサー

IMG_0780

 

スライサーの中でも一番出番の多いのが薄切り用。

後ろに厚さ調節が付いているので
極薄から5ミリ幅まで自由に選べる。

玉ねぎのスライスは、
生のまま食べるのでスライサーは出番が多いかな。

他にも千切り用スライサーが3種類。
刺身のツマ用・大根サラダなどに便利なものなどがある。

専用のストッパーも持っているが
あまり使ったことはないですね。
(最後までスライスできない構造なので)

スライサーの刃は、消耗品と考えて
切れ味が悪くなったら取り替え時です。

どれか1枚というなら
薄切り用(厚さ調節可能な物)がいいですよ。

キャベツの千切りやじゃがいものスライスにも使っています。

最近では、32種類のカットが出来るドイツ製の物もあります。
形も色も珍しいですよ。 (ドイツ製・スライサー)/

タグ

クイジナート・フードプロセッサー

クイジナート・フードプロセッサー

IMG_0109

(写真は、きのこカレーを作ったときのものです)


クイジナート社のフードプロセッサーは、
使い易いだけではなく、洗いやすさも気に入ってます。

なんたって、クイジナートのモターが丈夫なのか
うどんやピザ生地などのこねものにも大活躍です。

フードプロセッサーがなかったら
レパートリーが減ってしまうほど・・・。

鶏のつくねも軟骨を入れてワンランク上行く味に・・・。
もちろん、つみれ作りにも絶対これを使います。

付属のパーツもたくさんありますが
標準装備の刃先のあるものと
こね用のドゥブレーとがあれば充分です。

必要ならあとでも買い足し出来ます。

キッチンに置いてもおしゃれなので
いつも使えるように置いています。

ミキサーやフードプロセッサーを買い換えるなら
おすすめのクイジナートです。

 Cuisinart(クイジナート)フードプロセッサー

・・

タグ

グローバル・包丁

グローバルの包丁

IMG_0879

 

グローバルの包丁を知ったのは、
料理家の有元葉子の本に載っていたのがきっかけです。

その頃は、どこにも売っていなくて
製造元に電話をして送ってもらいました。

 

デザイン性もあり、プロが使っているということで
どうしても手に入れたくて探した記憶があります。

今では出刃包丁以外 すべてグローバル製です。

惚れ込んだキッチン用品は、
愛着もあり、毎日大切に使いますから・・・。

出番が多いのが、上から2番手・3番手です。
この2本は万能で 肉・野菜・魚をおろすこともこなせます。

切れ味が悪くなると砥石で研ぐため
長年使っていると刃が短くなってしまいました。

 

■ グローバル・製造元

・吉田金属工業株式会社(YOSHIKIN)
・1983年に全てステンレス製の一体構造包丁「GLOBAL」を製造発売
・日本製にも関わらず 海外での評価が高くヨーロッパから火がつく
・グローバルの包丁1本1本が手作り、そのため売り切れることもしばしば
・グローバル・プロと家庭用の2シリーズあり

 

■ グローバル製包丁を使ってみての感想(上から)

////IMG_0882

 

グローバル・プロ ペティナイフ(刃渡り11センチ)
・・果物包丁として使用
・・芋の皮むきや栗の渋皮むきなどに重宝

・グローバル・プロ ペティナイフ(刃渡り16センチ)
・・お刺身を切り分けるの便利かと思い購入
・・テーブルで料理を切り分ける時などに便利です。

・グローバル・プロ 牛刀(刃渡り24センチ)
・・我が家で一番大きい包丁です。1本は持っていたいサイズ
・・鮭を三枚に下ろすのも 骨を切るのも大丈夫
・・肉のブロックの切り分けにも便利です

・グローバル・プロ スライサー(刃渡り21センチ)
・・一番下のスライサーと同等使いです
・・野菜・肉・魚など普段使いです。鯵などの三枚下ろしにも敵してます

・グローバル・プロ スライサー 現在発売中止

 

■ グローバル・プロの特徴
・一番は、切れ味です。
・本体が一体なので洗うのも楽で清潔
・デザイン性
・メンテナンスがしっかりしている(初めの研ぎは無料でした)

・・★グローバル・プロの種類

タグ

2011年4月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:包丁

ル・クルーゼ・ビュッフェキャセロール

ル・クルーゼ ビュッフェキャセロール 26cm

IMG_01

 

ル・クルーゼを使うときは、
食卓にお鍋のままセッティングすることが多いです。

見た目が綺麗なので
テーブルが華やぐ感じが好きです。


使い勝手もよく、火の周りが均一なので
煮込み料理に向いています。

我が家のサイズは、浅鍋タイプなので
ミートソースの煮込みやすき焼き鍋として使っています。

お気に入りの使い方は、
石焼ビビンバならぬ、鍋焼きビビンバです。

食卓にそのまま出して、各自取り分けるようにします。
ル・クルーゼなら、ちゃんとおこげが出来ています。

欠点をあげるとしたら、ちょっと重いことですね。
しかし、煮込み料理などは、
適度な重みがあったほうがいい場合も多いです。

今後、「ル・クルーゼ ココット・ロンド」を買う予定です。

IMG_0902


■ ル・クルーゼの特徴

・弱火で調理できる
・焦げ付きにくい
・デザインが素敵(色が豊富)
・オーブンにも使用可能
・IH対応
・料理が冷めにくい

■ サイズ

・直径 26センチ
・最大幅 34センチ
・最大高 10.5センチ
・鍋の高さ 6センチ
・内容量 2.2リットル
・重さ 4.1㎏

■ 製造に関して
・輸入品と正規日本製があります。
・我が家は、輸入品

・・★「ル・クルーゼ」は色も豊富です。詳しくはこちら

タグ

2011年4月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:両手鍋

このページの先頭へ