酒の肴は、好きなものを混ぜるだけ

野菜としらすのなんでも混ぜ

imga203fcfdzikdzj

 

「酒の肴は、とかくご飯のおかずになる!」


大根おろしとしらすやなめ茸・ほうれん草を
食べる時に混ぜてほんの少しお醤油をかけます。

なめ茸に味が付いているし、しらすも塩分があるので
物足りなければ、お醤油をかけるといった具合です。


食材は、なめ茸の代わりになめこでもおいしいです。


お酒を飲まれる方は、
日本酒との相性がいいようです。

 

img96f3d9fbzik8zj

 

脂ののったは、
北海道の実家から送られてきたもの。


父が吟味して、毎年何度か送ってくれます。

父の愛情と一緒に美味しく頂きました。

 

img16589c2azikbzj

 

晩酌をしないため汁物は、
白菜を使ったスープも用意しました。


鶏がらスープは、冷凍庫に常備してあるのもので・・。

副菜が冷たいおかずなので
生姜を入れた温かいスープは嬉しいです。

 

 

=白菜のスープ・レシピ=

白菜のスープの材料:鶏がらスープ(顆粒の鶏がらスープでよい)
ーーーーーーーーーー白菜
ーーーーーーーーーーえのき(きのこ類ならなんでもOK)
ーーーーーーーーーー塩・胡椒・薄口醤油・生姜のすりおろし

1.鶏がらスープの中に材料を入れ、塩・胡椒・薄口醤油で味を整える。

2.食べる時に生姜のすりおろしを加える。

 

=なんでも混ぜ=

何でも混ぜの材料:記事中の食材以外のおすすめ食材
ーーーーーーーーーオクラ・ミョウガ・長芋・わかめ・納豆・菜の花など

こちらのメニューもよく見られています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

   

タグ

カテゴリー:和食

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ