鯛めし と いんげんのごま和え

鯛めし

1imgae5faa07zikczj 

 

鯛のあらで2品できました。


2年前にIHに替えてから眠っていた
ごはん炊き土鍋です!

IHはお掃除が楽なんですが
土鍋が使えないのがちょっと残念!

 

鯛のあらは焼いてから炊きこむと香ばしいです。
塩・しょうがの千切りを加えて火にかけ
沸騰したら10分弱火で炊きあがります。


お吸い物

残りのあらで お吸い物も添えました。
お吸い物は昆布のダシで、長ねぎは多めです。


鯛のあらは、1尾分300円~400円ほどで買えます。

見つけたときは、「やったぁ~!」と小踊り。
安くて・美味しくて・ちょっと豪華な晩ごはんになるからです。

 

1img4369bb4dzikezj

 

dining-k1-01

 

いんげんのごま和え

1imge3fe96fdzik3zj
 

いんげんは、ごま和えに
少し固めにゆでたのが正解でした。

ほんのちょっとシャキシャキ感が残るのも新鮮です。

白ごま・黒ごま、どちらでもOKですよ。

 


=鯛めし・レシピ=

材料:米 3合
        鯛のあら 半身分
        昆布 15cm
        塩 少々
        薄口醤油 大さじ1
        酒 大1
       トッピング 胡麻やミョウガ・しそなど

1.米は、洗って水を切って30分おく
2.鯛のあらは、鱗を取ってから表面を焦がさないように焼く
3.土鍋(炊飯器)に米を入れ 調味料・生姜
と水を合わせた量が
      炊飯器の3合の水加減にする
4.③の上に焼いた鯛をのせ炊く
(   土鍋の場合は、沸騰してから弱火で12分)
5.10分ほど蒸らしたのち、鯛の骨を取ってご飯に混ぜる
6.仕上げに胡麻やミョウガ・しそなどトッピングする

/

=鯛のお吸い物=

材料:鯛のあら
        昆布
        塩
        長ネギ・・・細めの斜め切り


1.鯛のあらは、鱗を取りきれいに洗いいておく
2.沸騰したお湯の中に鯛のあら・昆布を入れ、
中火でダシを取るため10分煮る
3.浮き出たアクは、丁寧に取り除く
4.ダシがでたら塩で味を整え、長ネギをいれる

 

=いんげんの胡麻和え=

材料:いんげん 
        胡麻
        砂糖
        醤油


1.いんげんは筋をとって 塩を入れた熱湯でゆでる
2. ごまは、すり鉢ですって砂糖・醤油少々を加えておく
3.ゆでたいんげんは、少し水分が残るくらいで②に加えてあえる
(少し水分が残っている方は、全体の馴染みがよい)

こちらのメニューもよく見られています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

   

タグ

カテゴリー:ご飯もの 和食

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

このページの先頭へ